生活スタイルを見つめる


Ingredients

  • ペン

Preparation

  • 以下のPDFをダウンロード、もしくは手書きで書き用意する
ダウンロード
タイムスケジュール.pdf
PDFファイル 85.3 KB


Instructions

1.

最初に自分の過去1週間のスケジュールを書いてみましょう。例えばこの1週間の間に特別な日があるなら、その部分はのぞいて通常の生活のタイムスケジュールを書き出します。

2.

記入が終われば4つのカテゴリーで色分けをしていきます。

①自分の時間②家族との時間③家事の時間④仕事の時間(有収入)

3.

客観的に時間の使い方を見ることで、無駄になっている時間なども見えてきます。また家族と過ごす時間が少ないと感じているのなら、時間の作り方などもわかってきます。

4.

家族がいる場合、家族の1週間のスケジュールも書き出しましょう。自分以外の家族のタイムスケジュールを照らし合わせることで、更に共有の時間の作り方が見えてきます。


5.

次に生活の中で最も優先順位の高い事柄は何かを知りましょう!仕事なのか?家族との時間なのか?それとも友人との時間なのか?人それぞれで優先順位が違っています。自分にとって大切な事柄を書き出し優先順位をつけていきます。

6.

生活スタイルを見つめることによって、おうちのプランニングに繋がっていきます。リノベーション、新築、さらに模様替えにも役立ちます。優先順位の高い事柄で、おうちの中でする行動について考えていきましょう。

7.

例えば仕事の優先順位が一番高い。更に家の中でも仕事をする。そうなると仕事のスペースは最優先の部分になります。これらをおうち全体を見てどこの部分に作ると良いのかをおうちの図面などに大まかに丸をしていきます。この時、間取りの線の部分は全て消して考えていきます。

8.

次に優先順位の高い行動は何ですか?例えばビデオを見る時間が寛ぎであれば、どのような場所でどのように見ることが快適なのか?などを考えます。その場所に丸をつけましょう。


9.

その他に食べる場所、寝る場所であったり優先順位の高い順番に場所を特定していきます。そうするとそれぞれの場所の目的がわかってきます。目的がわかればその場所に置く必要のあるもの、家具などが見えてきます。

10.

次に置くものやかぐが決まれば、どれくらいの大きさがあるか?量はどれくらいか?がわかってきます。そのボリュームに合わせて、それぞれのスペースの広さが決まってきます。この時にそれぞれのスペースを壁で区切るか?大きなフロアのままが良いか?を検討していきます。



Key Point/Advices

何気なく1日1日を過ごしていると、意外と見えていなかった時間の使い方があると思います。タイムスケジュールを書き出すことで、目に見えて大切な時間無駄な時間がわかるはずです。1人の時間、もしくは家族や友人と過ごす時間を貴重で大切な時間に思えたり、無駄な時間を別の何かに当てることで、さらに充実した豊かな暮らしになるでしょう。そして自分の暮らし方が明確になることで、おうちの中のスペースの配分がわかってきます。このようにして、自分の生活スタイルに合う空間を作り出すことができます。